迫るウイルスに打ち勝とう【免疫力向上で芯から強い体になる】

野菜を選ぶ

ドリンク

青汁に使われている野菜によって、栄養成分が変わってきます。青汁選びの決め手は使われている野菜です。摂りたい栄養素が含まれる青汁を選んで、健康への第一歩を踏み出しましょう。

Read More...

すり減っていく

膝

日常生活の中で負担をかけることの多い膝は、年齢や様々な要因で軟骨がすり減ってしまいます。膝の痛みを緩和させるために膝関節への負担を減らし、軟骨成分を補うことを心がけましょう。

Read More...

素になる栄養を摂る

親子

免疫力をアップすることは様々な病気から身を守ることに繋がります。冬に流行するインフルエンザや風邪はウィルスが体内に入ることによって発症します。ウィルスが体内に入らないように、マスクや手洗いで予防することが重要です。しかしウィルスはいつの間にか体内に入り込むことが多く、予防にも限界があります。そのため体内にウィルスが入っても打ち勝つような体作りはさらに重要といえるでしょう。免疫力をアップさせるにはどうすればよいのでしょうか。免疫細胞は、グルタチオンという成分を蓄えることによって免疫機能を向上させています。グルタチオンを含む食材を摂れば免疫力アップに繋がるとはいえないのです。そのままグルタチオンを摂っても吸収されず意味のないことになります。グルタチオンを作る材料を免疫細胞に与えることで、グルタチオンが生成されるのです。グルタチオンの材料は、シスチンとテアニンというアミノ酸です。シスチンとテアニンはグルタチオンを作るだけでなく、NK細胞を元気にする効果があります。NK細胞は免疫細胞の中でも一番強い働きを持ちます。インフルエンザを予防するために毎年ワクチンを打っている人も多くいるでしょう。シスチンとテアニンはインフルエンザワクチンの効果を高めるとの研究結果があります。ワクチンを打ってもインフルエンザにかかってしまう人におすすめしたい栄養なのです。シスチンとテアニンは肉類やお茶に含まれています。同じ食材を大量に摂取するのは健康によくありません。バランスのよい食事とともにサプリメントで摂取するのがよいでしょう。免疫力を上げる栄養素は他にもたくさんあります。迫るウイルスに打ち勝ちましょう。

意外な効果

果物

強い抗酸化力を持つブルーベリーは老化を食い止めたい人におすすめします。がんを予防する効果があることがわかりブルーベリーへの期待が高まっています。目によいだけではなく多くの効果を持っているのです。

Read More...